So-net無料ブログ作成

「鍵(かぎ)」と「錠(じょう)」

英語では、鍵(かぎ)は「Key」、錠(じょう)は「Lock」です。

でも日常の会話で、区別している方は少ないのです。 たとえば、
「鍵交換したのに、落とした鍵を拾われて、鍵をあけられた。こんどは、鍵のいらない鍵にしよう」

なんとなくわかったような気がしますが、ほんとうは、
交換したのに、落とした鍵を拾われて、をあけられた。こんどは、鍵のいらないにしよう」 なのです。

あくまでもポケットに入っているのが鍵、扉についているのは錠です。つまり、錠をあける道具が鍵です。カギ屋へお越しの際、「鍵」と「錠」を区別して話していただくと非常にありがたいです。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

masateru

勉強になりました!
今まで全く意識したことがありませんでした!
by masateru (2007-02-07 08:35) 

なおい

こんがらがりますなぁ~・・・笑
by なおい (2007-02-07 11:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。