So-net無料ブログ作成

鍵の抜き差しがかたくなったら

錠前を長く使っているとカギの抜き差しがかたくなっることがあります。そんなときは、鍵のすべての切込部を鉛筆(先端の黒芯)でなぞるように黒く塗り、その鍵を鍵穴に挿入して数回抜き差しをしてください。鍵の抜き差しがスムーズになります。鍵の抜き差しがスムーズになりましたら、鍵に付着している黒い粉を拭き取ってください。付着したまま使用されますと、衣服を汚す場合があります。

 

決して、KURE556のような潤滑油を鍵穴に吹きかけないでください。ほこりなどを引き寄せてしまい、かえって悪くなります。

鍵が汚れた場合は、歯ブラシ等で、鍵の刻み部分や溝の汚れを掻き出してください。特にディンプルキーは、穴の底に汚れがたまりやすいため、定期的な清掃をお勧めします。その際、酸やアルカリ・塩素等の化学薬品等では洗浄しないでください。

 


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 3

masateru

なるほど!鉛筆ですかぁ勉強になりました!
by masateru (2007-04-09 22:00) 

kazu

●masateruさま
潤滑油を吹きかける人が多いんです。そうなると、分解して中の油を拭き取ることになるんですが、これがまた面倒な作業なんです。
by kazu (2007-04-11 00:08) 

まつもっくり

鉛筆!灯台下暗しですなあ!
黒鉛かなんかがスムーズな作用
するんですかねえ?
思わず潤滑油、スプレーするとこでしたわ。
by まつもっくり (2007-04-15 07:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。