So-net無料ブログ作成

MIWAの現行シリンダー

永年、利用されていました、MIWAのディスクシリンダーやEC、UXなどのシリンダーは、補修用として一部受注しておりましたが、近いうちに完全に廃止となります。

今後は、セキュリティレベルの高い、U9、PR、LB、JNのシリンダーにすることをお薦めいたします。

 

 U9シリンダー (ロータリーシリンダー)
 
MIWA_U9_Cylinder.jpg
 ロッキングバー方式と回転式タンブラーを採用したロータリーシリンダー。
理論鍵違い数は約1億5千万通りとなります。
 PRシリンダー (2WAYロータリーシリンダー)
 
MIWA_PR_Cylinder.jpg
 タンブラーはキーとの接触面が異なるメインタンブラーと、サイドタンブラーの2WAY構造となっています。理論鍵違い数は1,000億通りとなります。
 LBシリンダー (可変タンブラーシリンダー)
 
MIWA_LB_Cylinder.jpg
 賃貸住戸の管理方式に合わせたチェンジキーシステム(リベロ・キーシステム)をご提供します。
理論鍵違い数は約261億通りとなります。
 JNシリンダー (リバーシブルピンシリンダー)
 
MIWA_JN_Cylinder.jpg
 4方向から多数のピンタンブラーを備えた高性能ピンシリンダーです。キーはリバーシブルでディンプルキーと呼ばれるタイプのシリンダーです。理論鍵違い数は約172億通りとなります。
 


nice!(0)  コメント(2) 

MIWAのディスクシリンダーが廃番秒読み

ピッキング侵入に狙われたディスクシリンダーが、完全廃番まで秒読み段階に入りました。
現在、「鍵番号指定でのみ製作可能」なマスターシステムのディスクシリンダーは、2011年3月31で注文の受付が終了します。

MIWA_DiscCylinder.jpg


Key_MIWA_DiscCylinder.jpg


また、EC、UX、URも受注終了または終了予定です。
早急に、セキュリティレベルの高いU9、PR、JNなどのシリンダーに交換することをお薦めします。
発注しても納期が約1ヶ月かかりますので、早めにご検討していただくようお願いいたします。

MIWA_Cylinder_Abolish_1.jpg


MIWA_Cylinder_Abolish_2.jpg


詳しくは、こちらへ →  http://www.miwa-lock.co.jp/product/cylinder2010.pdf

◆早急にご検討をお願いします
 本来、マスターキーシステムは1本のマスターキーで全室を施解錠できることによりビルの管理効率や、入居者の利便性をよくするものです。ですから、いまのうちに全てのシリンダーを取り替えておくことをお薦めします。完全廃番の後にシリンダーが損傷するなどの事態が起こると、入居者に迷惑がかかったり、新規入居の機会を逃すことになります。

◆ご予算にあわせた計画的な取り替えが可能です
 マスターキーシステムだからといって、必ずしも、建物すべてのシリンダーを一度に発注しなければならないわけではありません。
 例えば、①新しく入居の決まった部屋から順に交換する、②フロアごとに交換する。など、ご予算にあわせた計画的な導入が可能です。ただその場合、移行期間は2本のマスターキー(現在のものと新しいもの)で管理していただきます。また逆マスターになっている場合は入居者様が2本の鍵(自室の新しい鍵とオートロックを開けるための現在の鍵)をもっていただくことになります。この場合、入居者様の利便性が悪くなりますので、ご理解いただく必要があります。
 また、現在マスターシステムになっていない建物の場合、この機会にマスターシステムに導入することで管理効率が高まります。この場合も、計画的な導入が可能です。

◆補助錠を取り付けることで防犯性もマンション価値も向上
 いまの時代、1ドア2ロックは当たり前で、マンション選び・オフィス選びの重要ポイントになっています。新型シリンダーの導入にあわせて、補助錠を取り付ければ物件価値が高くなり入居率向上につながります。その際、2ロックを同一鍵にして利便性を高めることもできます。
nice!(1)  コメント(2) 

おもしろ広告を発見!

新聞に掲載された、ジーンズショップの広告の一部です。
男性がレバーハンドルを握ってドアを開けているのですが、レバーハンドルの付け方が上下反対になっています。GOALのLXシリーズのレバーハンドル錠だと思われますが、シリンダーがレバーの下にあるし、カギ穴も上下反対です。

NewsPaper_GOAL_LX.jpg

本来はこんな向きでつけられるはずです。

Catalog_GOAL_LX.jpg

きっと写真撮影のときに、素人の人が建具をつくったんでしょうね(笑)
レンジャー前田さんがカメラマンだったら、こんなことにならなかったのに・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

マスターキーって?

本来、『マスターキー』とは、ある限られたグループに属し、個々に異なる種類の錠をすべて施解錠できるカギのことです。そしてそんなシステムを「マスターキーシステム」と呼びます。オフィスビルや賃貸マンションなどに使われています。

MasterKeySystem.jpg


しかし、お客様との会話で行き違いがよくあります。多くの方が『純正カギ』のことを『マスターキー』と呼んでいらっしゃるのです。
どうやら『マスター』という言葉に原因があるようです。「マスターテープ」や「マスターディスク」には「原本」の意味がありますから、『純正カギ』のことを『マスターキー』といいたくなる気持ちは理解できるのですが・・・。
お客様の話をよく聞かないとトラブルになりかねません。

ちなみに、反対の使い方をしたいときもあります。
ある限られたグループに属し、個々に鍵が異なる複数の錠の、どの鍵でも特定の箇所の錠を共通して施解錠できるようにしたシステムを「逆マスターキーシステム」と呼びます。集合住宅の共用玄関などに使われています。

ReverseMasterKeySystem.jpg


そして、大型テナントビルや病院などでは、これらのシステムを複雑に組み合わせて、利便性がよく、かつセキュリティ性の高い建物にしています。

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。